跳至正文

XMのGOLDで強制ロスカットをした体験談(本当に追証不要なのか?)

XMといえば、追加証拠金を支払わなくて良い、ゼロカットシステムに定評があります。 こちらの記事は、

  • XMは本当にゼロカットシステムなのか知りたい
  • XMでゼロカットになったあとの対応が知りたい

という方に向けて 今回はXMで起きた強制ロスカットの体験談(2019年年末のGOLD暴騰、2020年4月の原油大暴落)をお話して、XMのゼロカットシステムについてお話できればと思います。 XMでGOLDを取引した経緯 2019年12月の年末頃、GOLDが急上昇をしていて、「GOLDは熱い」といった情報がTwitter界隈で流れていました。

その当時から、XMで取引をしていた私は、常にGOLDの状況を伺っていました。 誰かがツイートした中に、「GOLDの日足チャネルでショートエントリーして、次の日足チャネルの下部分で利確できたら、800pipsのプラス。」このツイートを見たとき、頭の中で計算をして、1ロット(10万通貨)で800pips取れたら80万円。 元出5万円+100%ボーナスで合計10万円。決して難しい勝負ではなく、5万円の現金で13倍にできる可能性は十分あると考えました。 ところが、この考えが後で悲劇を生むことになるのでした。 GOLDショートで注文 そうして、2019年12月20日の週に、GOLDのハイレバで勝負に挑みました。資金、$1000を元手に、0.5〜1.0Lotの勝負を挑みました。

これが当時の写真です。1度取引をして損切りがでたため口座の残高が減っているのが特徴です。 約$800を元手に、GOLD 0.9Lotを注文しています。 証拠金維持率も280%と大きな勝負をしていることが分かりますよね。 このときは、MT4のアプリを片手にチャートが上に行ったり、下に行ったりするのを見て、胸がドキドキしていたことを覚えています。 爆益 or 強制ロスカットのはざまで、常にアプリを監視していました。 お風呂に入るとき、トイレに行くときは肌見放さず、アプリを終始監視していました。 ちょっと目を離すと、価格が気になって気になって仕方がなく、価格がどう動くか考えるときは、Twitterを読んで、下がる材料を必死に探していました。 ある人には、GOLDが下がる根拠を直接聞いて、安心できる回答をもらって不安を和らげる、そんな時間を過ごしました。 MT4のアプリとPCに表示されたTradingViewの画面を見ながら、午前4時頃、少しだけ休もうと思って目をつむっていると、そのまま寝てしまったので。 GOLDショートの戦いに決着・・・・ そうして、当日の午前11時に机の上で目を覚まして、MT4の画面をスマホの上部分から見ました。 すると、MT4の上部分は青でしたので、「これは爆益だな!今日はどうしようかな!」とルンルン気分でしたが、画面上部のUSDの横に金額がありませんでした。

おそるおそる、残高を確認すると、なんと0の表示がありました。 そして、クレジットの表示も0.18で、どうしようもない状況でした。 こういった画像をTwitterで見かけていたときは、「資金管理できていないから頭悪いな」と思っていましたが、いざ自分が体験してみると本当に辛かったですね。 そして、無情にもGOLDは日足のチャネルをぶち壊して、一気に1600円台に突入をしていきました。 相場の世界にたらればはありませんが、「フルレバで、GOLDを買っていたら」と、ゼロカットされた口座を見て何度も思いました。 2020年4月の歴史的原油大暴落でロスカット 2020年4月21日にあった原油の暴落でXMでロスカットしたときの話をします。 今回の原油暴落は、100年に1度レベルの大相場。 4月21日の価格(OIL_CRUDE)は次の通り

  • 始値 $21.78
  • 高値 $23.37
  • 安値 $9.97
  • 終値 $13.94

高値安値の差は、約1,350pipsもありました。

この大相場を取りきったら、大きく成長するチャンスと思い、XMでは原油も購入できるので、ロットを多めに逆張りロングを挑みました。 ロングで入る準備をした理由は、2020年3月18日の直近安値 $20.43を下回ったから。ここがレジサポになっていたため、ここを抜けたら一気に落ちると予想しました。 そこから値幅を計算して、落ちても、$14〜16だろうと推測。そこで多めにロングの指値を入れておきました。損切りラインは$12。 勢いよく下がり始めた原油は、$16に到達。$14も一気に注文が入りました。 ところが、下げ止まらないんです。 さすがに一桁台には行かないだろうと考えていた私は、損切りラインを強制ロスカットギリギリの$10に設定し直しました。 すると、1時間後に買っていた原油が、1桁台に突入して、あえなくロスカットしてしまいました…セリクラが起こった後は、一気に原油が上昇していきました。 無情です。まさか原油が一桁台の価格にまで落ち込むとはそのときは夢にも思っていなかったのです。 数年前に、ガソリン価格、レギュラーが1リットル 170〜180円を経験していたため、そこまで安くはならないという過信があったのかもしれません。この強制ロスカットは痛かったです… テレビのニュースを確認すると、当日の原油限の原油価格がマイナス$40を記録というありえないことが起こっていました。Twitterでは、GMOの証券会社で原油がマイナスになり追加証拠金が数千万円という人も出たほどの大相場でした。 KOOLさんという方は原油の底でロングを入れて、爆益でした。やはり大相場は、勝者と敗者を生み出しますよね。 https://twitter.com/KOOL_fx/status/1261145976443568129https://twitter.com/KOOL_fx/status/1261145976443568129https://twitter.com/KOOL_fx/status/1261145976443568129https://twitter.com/KOOL_fx/status/1261145976443568129 twitter.comXMのゼロカットシステムの流れ XMでゼロカットがあった後は、特にこちらで追加証拠金を支払うことは必要ありません。 会社から追加証拠金入金の電話も特にありませんでした。 追加で入金をすると、マイナス分が相殺されることもなく、ゼロからプラスされる形で口座に入金されました。 XMでハイレバをするときの心構え GOLDのハイレバは危険だが夢がある XMのハイレバでGOLDはめちゃくちゃ危険です。 特定のタイミングでGOLDが下げる場面が分かれば、スキャルピングで稼げます。知人のトレーダーはたった1ヶ月の間に、XMでGOLDのハイレバのスキャルピングで5万円を100万円にしました。 もちろん、それを実現するための人間力も必要ですが、XMのGOLDスキャルピングは夢があります。 ゼロカット(追加証拠金なし)だから安心 XMを利用する上で、大事な特徴はゼロカットシステム(追加証拠金なし)です。もし、商品先物会社で、今回と同じような取引をしようとしてマイナスになった場合、マイナス分は追加証拠金を支払う必要があります。 888倍のレバレッジがかけられる 今回のGOLDを購入するにあたって、設定したレバレッジは888倍です。日本の商品先物会社で10万通貨分のGOLDを売買するために、数百万円の証拠金が必要になります。ところが、XMであれば、たった数万円で同様の取引ができるわけです。海外FXを利用することの可能性はかここにありるわけです。 フルレバ強制ロスカットは精神的にツラい XMの強制ロスカットは精神的にツラいものがあります。資金管理では、

  • レバレッジ10倍前後でコツコツ増やす
  • フルレバで大相場を取りきって一気に成長する

といった方法が言われていますが、後者のフルレバの場合は、失敗したときの精神的なストレスがキツいです。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。