跳至正文

XMの最大のメリット「ハイレバレッジ」と「ゼロカット」

海外fx業者であるXMには、規制の厳しい国内業者にはない大きなメリットがいくつかありますが、今回はその内の2つ「ハイレバレッジ」と「ゼロカット」について分かりやすく解説していきます。 XMの最大レバレッジは888倍!そして最大レバレッジが高いメリットとは?

(XM公式サイトより抜粋) XMは他の海外業者と比べても最大レバレッジが比較的高く、888倍です。 最大レバレッジが高いということについて「危険」というイメージを持たれる方も多いと思いますが、扱い方さえ心得ればこれは非常に有用なものとなります。 端的に言えば、最大レバレッジが高いということは少ない初期資金で大きな枚数を張れるということを意味します。 例えば国内業者ですと、最大レバレッジが25倍ですので、ドル円を1万通貨取引するだけでも、口座に5万円ほどのお金をいれなければいけません。 ドル円1万通貨なら100pips動いても1万円ですので、デイトレードやスキャルピングをされる方ですと非常にまどろっこしく感じるはずです。 また利益を重ねた際に少しずつ取引枚数を増やしていくのも難しくなります。国内業者は小さな枚数を取引するのにも多額の証拠金を口座に入金しておく必要があるという認識で大丈夫です。 それに対して、海外業者は1万円あれば1万通貨どころか2万通貨ぐらいの取引が可能です。無論証拠金が無くなればロスカットはされますが、損切り幅の狭いデイトレードやスキャルピングですと、十分に勝負ができます。 また、利益が出るごとに次の取引の枚数を上げていくような手法も海外業者なら可能です。 簡単に言えば、小さな投資金額から大きな額を稼ぎたい方には海外業者が向いています。夢があるという事ですね。 最大レバレッジが高いデメリット。 最大レバレッジが高いデメリットもあります。 まず一つは、いわゆる「誤発注」の可能性です。 最大レバレッジが高いと大きな枚数の注文でも通ってしまうので、何か間違えて誤発注をすると大変な事になる危険性があります。 勿論、こまめに出金をして口座に多額のお金をいれなければいいだけなのですが(ハイレバレッジなので口座の残高が少なくても取引可能です)たまにやらかしてしまう事があるので注意はしておきたいです。 もう一つのデメリットは、先程「夢がある」と書きましたが、それと同時にあっという間に入金した資金を失ってしまう可能性もあります。ですので自分にとって捨ててもいいような小さなお金で勝負するのが海外業者のコツです。 ゼロカットについて。

なんで国内でハイレバレッジの業者が禁止されているのかという理由は色々とありますが、そのうちの一つにゼロカットの禁止があります。 ゼロカットがどういう事かといいますと、簡単に言えば「顧客の損失を肩代わりする事」です。 為替相場には極稀に異常事態が発生する事があり、その時に顧客のストップ(損切り)注文が通らず口座入金額以上の損失が発生する場合があります。

※例えばこういう時。スイスフランショック時のドルスイスフランの日足チャート。瞬間的に3000pips(1万通貨なら約30万円)も急落したため、スイスフランを売っていた顧客が口座残高以上の損失を出す現象が一斉に起きました。 そして口座残高以上の損失が発生した時、国内業者は法律で損失の肩代わりを禁止されていますので、その損失を出した顧客に口座残高の埋め合わせを請求します。これが追証と呼ばれるものです。 しかし、海外業者は国内法の規制を受けないため、この時多くの業者が損失の肩代わりをしました。 XMもその一つです。そしてこれがゼロカットと呼ばれる制度となります。これがあるからハイレバレッジの取引を安心して行えるというわけです。 まとめ

  • XMはハイレバレッジとゼロカットにより、顧客が為替取引における最大損失額をコントロール出来るようになっています。
  • 少額投資から夢を追うなら海外業者が制度的に優れています。良くも悪くもギャンブル的ですので、割り切った取引が可能です。

最後にもう一つハイレバレッジとゼロカットのメリットを挙げると、取引をする際になにかと怖がらなくなります。 例えば先日のイランによるミサイル発射の時も、全面戦争による突発的な値動きのリスクがあるため、国内業者で逆張りロングをする際には恐怖心を感じますが、ゼロカットのある海外業者ならそういう恐怖は無いです。最大損失額があらかじめ決まっているので、行けると思えば躊躇なくポジションが取れます。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。